ホーム 記事 足利織姫神社

足利織姫神社

足利織姫神社
もくじ

足利織姫神社は、鮮やかで大きな朱色の社殿をはじめ、229段に及ぶ麓の鳥居から社殿まで設けられている階段が特徴的な縁結びの神様を祀っている神社です。

広大な敷地の境内には「縁結び広場」「縁結び坂」「愛の鐘」といった、縁結びにまつわる様々な設備が備えられています。

また足利の美しい街並みを一望できる夜景スポット、映画・ドラマのロケ地としても有名な県内を代表する神社の1つです。

織姫神社の駐車場

足利織姫神社には境内の中腹にある「織姫駐車場(約30台)」や麓の「織姫観光駐車場(約13台)」をはじめ、近隣も無料で利用できる駐車場が複数あります。

今回訪れた際は、「織姫観光駐車場」を利用させていただきました。

織姫観光駐車場 看板

平日でしたが、参拝や観光に訪れるお客さんで満車の状態でした。

休日はさらに混雑が予想されるので、近隣のパーキングへの駐車も検討してみてください。

織姫観光駐車場 無料

駐車場の近くにある交差点も社殿と同じく朱色に塗られているので目印にしやすかったです。

織姫観光駐車場 陸橋

鳥居・入り口

駐車場から歩道へ出るとすぐに、目の前には足利織姫神社の鳥居があります。

足利織姫神社 歩道

中腹にある駐車場からも境内へアクセスできますが、今回は初めて訪れたので麓から登っていきます。

足利織姫神社 鳥居 入り口

鳥居の横には、縁結びの神に関する説明書きもあります。

足利織姫神社 説明看板

229段の階段

階段の前にはウェルカムボードも設置されています。

足利織姫神社 ウェルカムボード

少し登って振り返ると、織姫神社からまっすぐに伸びた整備された道。

足利織姫神社 階段

看板にもある通り、織姫神社の階段は229段あります。

また結構、急なので、足の悪い方や年配の方は中腹の駐車場からのアクセスがおすすめです。

足利織姫神社 階段 眺め

数十段登るだけでも、足利の街並みが見れます。

足利織姫神社 灯篭

さらに道中には、足利と足利織物の歴史に関する石碑。

こうした足利市にまつわる歴史を階段の休憩がてらに学べるように、動線を設計してあるのもポイントです。

足利織姫神社 織物の歴史

足利織物の発達に寄与した、足利氏の略系に関する石碑。

長めの階段もこうして石碑を読みながら登ることで、少し気を楽に登れる感じがします。

足利織姫神社 略系

8割型の階段を登り切り、振り返ると美しい光景が広がっていました。

足利織姫神社 足利市

手水舎

参拝前に手や口を清めるための手水舎。 

織姫神社 手水舎

手水舎も朱色で統一されていて綺麗です。

織姫神社 手水

周りには淡い色味が綺麗なツツジの花も。

足利織姫神社 ツツジ

社殿

階段の先にはいよいよ社殿が見えてきました。

足利織姫神社 社殿

鮮やかな朱色が美しい立派な社殿です。

映画やドラマのロケ地として利用されるのも頷けます。

足利織姫神社

国の登録有形文化財の印も設置されています。

足利織姫神社 登録有形文化財

広場

社殿側から広場を見た様子。

足利織姫神社 広場

ちょうど桜の時期だったので広場には桜。

足利織姫神社 桜

新緑の紅葉も。紅葉の織姫神社も春時期とは変わって綺麗そうです。

足利織姫神社 紅葉

愛の鐘

縁結び、恋人の聖地として知られる足利織姫神社。

足利織姫神社 恋人の聖地

二人で一緒に鐘を鳴らすと幸せになれると伝えられている「愛の鐘」

足利織姫神社 愛の鐘

映画・ドラマのロケ地

栃木県内の数ある神社の中でも、足利織姫神社は映画やドラマのロケ地としても有名なスポットです。

百人一首を題材とした映画「ちはやふる-上の句・下の句-」をはじめ、ミステリー映画「64-ロクヨン-前編/後編」、銭湯を題材にした「湯を沸かすほどの熱い愛」、ケータイ小説がドラマ化され話題を呼んだ 「恋空」といった有名な作品のロケ地として知られています。

その他テレビ番組や雑誌などのメディアでも頻繁に取り上げられています。

本記事でご紹介した以外にも様々な設備が設けられているので、ぜひ足を運んでみてください。

足利織姫神社 七色鳥居

後日ハイキングでも訪れたいと思います。

足利織姫神社 ハイキングマップ

足利織姫神社の基本情報

住所

アクセス

駐車場

電話番号

営業時間

定休日

参考価格

決済方法

SNS

周辺マップ

他の記事を見る