ホーム よんななベースについて
About

よんななベースについて

もくじ

栃木県のローカル情報WEBメディア

「よんななベース」は栃木県に関する情報を中心に紹介するローカル情報WEBメディアです。

扱っている主なテーマは、栃木県内飲食店での食事録やグルメ情報をはじめ、スタッフで訪れた栃木県の観光スポット・名所の情報など、栃木県にまつわる情報が中心です。

また当サイトではブログ記事、SNSでは写真やショート動画でご紹介しています。

ロゴについて

読点(、)は、その後に続く文章を区切るためや、文章を読みやすくするために用いられる記号です。

「よんななベース」のWebサイトや各種SNSで使用しているロゴは、末に読点(、)をつけています。

これには「これからも末長くメディアが続いていく。」「関係者を繋ぐ架け橋になる。」

「『よんななベース』を起点にして新たな試みが始まる。」といった意味を込めて用いています。

運営者について

「よんななベース」は栃木県さくら市に本社、宇都宮市に営業所を置く、株式会社Curiverが運営しています。

株式会社Curiverでは、中小企業のデジタルマーケティング支援に関連するサービスをご提供しています。

運営会社については、以下のリンク先でもご紹介しています。

開設当初の「よんななベース(47BASE)」

代表の柄木田をはじめ株式会社Curiverのスタッフは、主に栃木県と関東圏にバックグラウンドを持つスタッフで構成されています。

元々はそうしたスタッフで、東京や大阪といった比較的、都市部の企業へサービスをご提供していました。

その中で「よんななベース(旧:47BASE)」は当初、株式会社Curiverのスタッフブログとして開設しました。

栃木県の事業者と関わりはじめて感じたこと

都市部の企業へのサービス提供を中心に事業運営をする中、栃木県の中小企業からも徐々にお問い合わせやご相談をいただけるようになる中で実感したのが、「思っていたよりも自分たちは栃木県のことを知らない。」ということでした。

特にスマホの存在が当たり前に生活してきた20〜30代スタッフで構成される弊社にとって、ネット経由で地域外の情報を得る方法は多くとも、地元の栃木県を深く知る機会が少なかったようにも思います。

栃木県の認知度調査を見て思ったこと

栃木県の認知度調査をニュースで見た際、「日光は知っているが、日光が栃木県にあるとは知らない。」という回答があったことに驚きました。

いくら栃木の情報を深く知らない自分たちであっても、栃木県の中に日光があることは知っています。

しかし自分たちはどうだろう?と考えてみると、「伊香保温泉は群馬県」「偕楽園は茨城県」など、近県の情報を正しく把握しているかといえば怪しい。

結果、ニュースで見たように「自分たちも他県の情報は正しく把握できていない。」のも事実でした。

栃木県のローカル情報WEBメディアへ移行

そんな背景があり、元々は株式会社Curiverのスタッフブログとして運営していた「47BASE」を、栃木県のローカル情報WEBメディア「よんななベース」へ移行し、再スタートすることになりました。

「よんななベース」で扱うテーマ

「よんななベース」で公開するコンテンツで扱うテーマは、編集部とスタッフの関心が高い、栃木県の観光スポット・名所や飲食店・グルメ情報が中心です。

(キャンプや暮らしにまつわることも少々)

運営の目的と大切にすること

「よんななベース」を運営する主な目的は、「栃木県を知る・学ぶ・伝えること。」です。

現在は簡単にネット検索で栃木県の情報を”知る”ことはできますが、”伝える”には、”学ぶ”ことが重要だと考えています。

そのため「よんななベース」では単に栃木県に関する情報を掲載するだけではなく、知った情報を深掘りしたり関連付けたり、実際に現地で見たり食べたり体験したりなど、自分たちが”学ぶ”ことを大切にしていきます。

そのほかの目的

個人的な趣味ブログではなく、株式会社CuriverのWEBメディアとして運営する以上、会社・事業を認知してもらえる機会を増やすことも、目的の1つです。

株式会社Curiverは、2019年に栃木県さくら市で創業し、2020年に法人を設立しました。

2024年で4期目に入り、宇都宮市に新たに営業所を設置しました。

しかしまだまだ若い小さな会社ですので、「よんななベース」をきっかけに認知が増え、最終的にはサービスのご依頼を頂ける栃木の企業が増えれば嬉しく思います。

これからの「よんななベース」について

これからの「よんななベース」は、コンテンツの作り手である私たち、

当サイトに訪れてくれる読者の方々、地域経済を支える事業者の方々、地域や事業者を支える行政の方々、

各所を繋ぐ、栃木県に根差した架け橋的なWEBメディアになれるよう心がけて運営していきます。

WEBメディアを見て関わる中で

弊社の仕事柄、日常的に多くのWEBメディアを見たり、関わらせて頂く中で、立ち上げにコストを掛けたにも関わらず、立ち上げ自体が目的になってしまい運用できなかった、

運用に予算と人的リソースを割いたにも関わらず、運用が滞り数年でストップしてしまったなど、コスト的に勿体無い、WEBメディアのネガティブな側面も目にしてきました。

WEBメディアの可能性

その一方で実感したのが、ブランディングや見込み客の集客など、事業を補完するWEBメディアのポジティブなパワー。

業種や業態にもよりますが、事業へ数千万、数億単位でインパクトを残せるWEBメディアも数多くあります。

また行政や地域経済的な視点では、WEBメディアによるUターン・Iターン・Jターンなど、間接的な地域移住促進や経済波及効果まで考えると、それ以上のインパクトを出せる可能性も秘めています。

「よんななベース」は、これから数年、数十年と末長く運営できるよう、

そして事業・地域経済へもポジティブな影響を与えることができるWEBメディアへと、成長していきたいと考えています。

最後に

「よんななベース」では、栃木県にゆかりのあるライターや写真家などのクリエイターをはじめ、

栃木県内に所在地のあるスポンサー企業からの広告掲載・タイアップ記事のご依頼、栃木県内の観光施設や飲食店からの取材・記事掲載依頼を募集しています。

具体的な関わり方や広告掲載、取材内容等は、お気軽にお問い合わせください。

よんななベース@株式会社Curiver

代表取締役  柄木田 裕哉

もくじ