ホーム 記事 日光植物園

日光植物園

日光植物園 ミズバショウ池
もくじ

日光ICから車で約10分、栃木県日光市にある日光植物園。

東京大学の附属施設であり、日本で一番古い植物園である小石川植物園の分園です。

3万坪を超える広い敷地では、約2千種以上の植物が研究のため育てられています。

※3万坪は、東京ドーム2,2個分の広さ。

1902年に日本の高山や寒冷地に育つ植物の研究と教育を目的に開設されました。

当初は、日光東照宮の近くに開設しましたが、1911年に敷地拡張のため、現在の場所へと移転されたそう。

日光植物園 入り口

日光植物園の入園料

日光植物園の入園料です。

区分

料金

大人(高校生以上)

500円

小人(小学生・中学生)

150円

幼児・乳児

無料

※5月4日のみどりの日は、入園料無料。

年間パスポートは、2,500円で購入できます。

日光植物園 入園料

園内に入ってすぐ右手にあるのが受付。

こちらでチケットを購入します。

日光植物園 受付

受付で気になったのが、このオフロードタイプの車椅子!

どなたでも楽しめるようにとのお心遣いが嬉しいですね。

日光植物園 車椅子貸し出し オフロードタイプ

駐車場

日光植物園の駐車場は、受付の先を右に曲がると、約30台程の駐車スペースがあります。

日光植物園 駐車場

またその手前にはお手洗いがあり、ハナズオウがきれいに咲いていました。

日光植物園 トイレ

鮮やかなピンク色が目を惹きます。

日光植物園 ハナズオウ

案内図

こちらが日光植物園の案内図。

表紙にはアサマフウロという絶滅が危惧されている花の絵が描かれています。

この絵は、明治時代の洋画家「五百城 文哉(いおき ぶんさい)」という方の作品だそう。

優しいタッチが素敵な絵ですね。

日光植物園 案内図 表紙

案内図の中には、日光植物園の概要や略年表、地図などが記されています。

日光植物園 案内図

日光植物園の所要時間は、この地図上にある紫の線「大道」を通ると、約60分〜90分で回れるそう。

日光植物園 地図

広い園内ですが、トイレや水飲み場、あずまやも完備されているので、休憩しながら散策できます。

今回は、この大道を東回りに散策してみることにしました。

※こちらの地図は、下が北です。

植物園の様子

園内には石柱標識があるので、これを目安に散策します。

※石柱標識に記載されている数字は、地図にある緑色の数字と同じです。

日光植物園 石柱標識

それでは散策スタート!

日光植物園 入り口付近

庁舎(休憩所)

正門から南へ進みます。

日光植物園 道

見たことのない植物もたくさん。

こちらはラン科のカヤラン。

日光植物園 カヤラン

すごく日差しが強い日だったのですが、木のおかげで涼しく散策できました。

日光植物園 木

緑に囲まれた空間は落ち着きますね。

日光植物園 園内の様子

シャクナゲ。

満開まではもう少し!

日光植物園 シャクナゲ

しばらく進むと、ヒメウツギという白くてかわいい花を発見。

日光植物園 ヒメウツギ

日光植物園 ヒメウツギ プレート

ヒメウツギの隣にあるのが、庁舎(休憩所)。

日光植物園 庁舎

趣のある築100年以上の木造平屋を、休憩所として開放しています。

日光植物園 休憩所

何人か休憩されていたので、室内の写真はあまり撮れませんでした。

日光植物園 休憩所 木造平屋

庁舎からも植物を観賞できます。

日光植物園 休憩所から見えるロックガーデン

ロックガーデン

庁舎の目の前にあるのがロックガーデン。

積み上げた岩の間に植物を植え、なるべく自然に近い状態で高山植物を植栽しています。

日光植物園 ロックガーデン

平地では見られない高山植物が見られるスポット。

育てるのがとても大変そうですね。

また日本だけでなくヨーロッパや中国など、海外の植物も植栽しているそう。

日光植物園 ロックガーデン アケボノフウロ

タイツリソウ。

花が釣竿に吊るされた鯛の形に似ていることから鯛釣草と名付けられました。

日光植物園 タイツリソウ

タンチョウソウ。

ギザギザの葉っぱは、秋には紅葉するそう。

日光植物園 タンチョウソウ

ロックガーデンと庁舎。

日光植物園 ロックガーデン 休憩場

ロックガーデン付近の池。

水がとてもきれいです。

日光植物園 ロックガーデン付近 池

ロックガーデンからさらに東に進みます。

日光植物園 ロックガーデンから大正天皇御由緒地へ

木陰に咲くヒメウツギ。

日光植物園 ヒメウツギと丸太

大正天皇御由緒地

園内には、このような手書きのプレートがいくつかあり、植物についてのおもしろい情報が書かれています。

誰でも植物に興味が湧くような、素敵なプレートですね。

日光植物園 ウワズミザクラ 手書きプレート

ウワズミザクラの蕾の匂いは本当に杏仁の香りなのか?

嗅いでみたくて地面を探しましたが、残念ながら見つからず…。

日光植物園 ウワズミザクラ

そんなこんなで歩いていると、少し坂を登った先に大きな木と記念碑が見えてきます。

日光植物園の隣には、大正天皇をはじめ三代にわたる、天皇・皇太子が静養所として利用した日光田母沢御用邸があります。

大正天皇は御用邸に滞在中、日光植物園に毎日お散歩に来られたことからこの記念碑が作られたそう。

記念碑の後ろ側には、大正天皇が詠まれたという漢詩が刻まれています。

日光植物園 漢詩

大正天皇御由緒地の東側には、水飲み場。

日光植物園 水飲み場

水飲み場は、園内に全部で4カ所。

やはり日光の水は美味しい! 

日光植物園 水飲み場の水

大正天皇記念園

当初のルートから少し脱線し、水飲み場から少し南側向かい大正天皇記念園へ。

大正天皇記念園に向かう途中、見えてきたのがこの景色。

木漏れ日とヒナソウが美しい。

日光植物園 斜面に咲く ヒナソウ

ヒナソウは、白に少し紫がかった色味が特徴。

別名トキワナズナという北アメリカ産の多年草です。

日光植物園 ヒナソウ畑

大正天皇記念園には、このようにヒナソウがたくさん咲いていました。

日光植物園 ヒナソウの絨毯

ヒナソウに心奪われ、一番長く撮影していたと思います。

日光植物園 ヒナソウ ベンチ

それでは当初のルートに戻り、東にあるミズバショウ池を目指します。

ミズバショウ池

青々とした景色の中に、ポツンとあるベンチがいい雰囲気のミズバショウ池。

日光植物園 ミズバショウ池

ミズバショウの花言葉は、「変わらぬ美しさ」と「美しい思い出」。

このきれいな見た目にぴったりの、素敵な花言葉ですね。

日光植物園 ミズバショウ

ミズバショウ以外に、カキツバタもきれいに咲いていました。

日光植物園 カキツバタ

通御橋

ミズバショウ池を東に進むと、通御橋(かよいみはし)が見えてきます。

田母沢川(たもざわがわ)に架かるこの橋は、檜で作られているそう。

以前は日光田母沢御用邸の一部で、その際に皇族の方が行ったり来たりしていたことから、その名が付けられました。

日光植物園 通御橋

橋からの眺めに癒されました。

楓があったので、紅葉の時期も素敵でしょうね。

日光植物園 田母沢川

ここからさらに東に進みニリンソウ群落に行く予定でしたが、時間の都合で断念。

通御橋から西に向かい大池を目指します。

大池

大池に向かう途中にはあずまやがあります。

日光植物園 あずまや

あずまやの奥には大谷川が流れているので、川の音が心地良く休憩にベストなスポット。

日光植物園 あずまや ベンチ

また園内には、きれいな水が流れる小川が点在していて、こちらもすごく癒されました。

日光植物園 小川

さらに東へ進みます。

日光植物園 大道

こちらが日光植物園の大池。

池に反射する緑が幻想的でした。

大池の奥が、先ほどヒナソウを観賞した大正天皇記念園。

日光植物園 大池

少し西側に移動すると、また違った雰囲気の大池が撮れました。

日光植物園 池

憾満ヶ淵

大池から西に少し行くと、”数えるたびにお地蔵様の数が変わる”という「化け地蔵」で有名な憾満ヶ淵(かんまんがふち)の看板が見えてきます。

フェンスで仕切られていて対岸には近づけませんが、階段があるので以前は近づけたのかもしれません。

※看板にある含満ヶ淵(がんまんがふち)とは、昔の表記だという説があります。

日光植物園 憾満ヶ淵 含満ヶ淵

何度かお地蔵様のカウントに挑戦したことがありますが、絶対に数が合わない(笑)

日光植物園 憾満ヶ淵 化け地蔵

フェンス越しに憾満ヶ淵を撮影しました。

日光植物園 憾満ヶ淵 大谷川

透き通るほどきれいな水が流れています。

日光植物園 憾満ヶ淵

憾満ヶ淵沿いを西に向かい、駐車場方面まで戻ります。

日光植物園 憾満ヶ淵から駐車場へ

ハンカチノキ

駐車場のすぐ近くには、まるで白いハンカチのようなハンカチノキが植えられています。

日光植物園 ハンカチノキ

今回は、日光植物園まで歩いてきたので、ハンカチノキを見るのが最後になりましたが、駐車場を利用される方は最初に見られる植物なんじゃないでしょうか。

日光植物園 ハンカチノキ 案内板

この白い部分は花ではなく、苞(ほう)と呼ばれる葉っぱなんだそう。

珍しいビジュアルに、多くの方が写真を撮っていました。

日光市 日光植物園 ハンカチノキ

今回、日光植物園の散策時間は約1時間。

まだまだ散策できていない箇所もありますが、季節をずらしてまた訪れてみようと思います。

日光には世界遺産に認定される日光の社寺や華厳の滝など、メジャーな観光スポット以外にもおすすめしたい場所がたくさんあるので、随時ご紹介していきたいと思います。

 

以上、日光植物園のご紹介でした。

日光植物園の基本情報

住所

アクセス

駐車場

電話番号

営業時間

定休日

参考価格

決済方法

Webサイト

SNS

周辺マップ

他の記事を見る