ホーム 記事 東荒川ダム(塩谷町)
Article

東荒川ダム(塩谷町)

東荒川ダム
もくじ

宇都宮と那須の間辺りに位置し、「湧水の郷」として知られている塩谷町の東荒川ダムへ行ってきました。

東荒川ダムは、塩谷町を代表する湧水である「尚仁沢(しょうじんざわ)」の駐車場から、車で数分程の場所にあります。

 

尚仁沢湧水の周辺には、「西古屋ダム」「西荒川ダム」など、たくさんのダムがありますが、その中でも特に大きいのが、今回訪れた東荒川ダムです。

また塩谷町の東側、矢板市には「寺山ダム」「塩田ダム」もあります。

駐車場

東荒川ダムの駐車場は、普通車4台ほどが駐車できるスペースが設けられています。

今回は平日に訪れたのもあって借り切り。

東荒川ダム 駐車場

また東荒川ダムの駐車場は道路沿いにあり、見落としてしまいそうなので、こちらの看板を目印に。

東荒川ダム 看板

看板にある通り「名水パーク(尚仁沢名水パーク)」からも車で数分程度。

ちなみに名水パークでは、尚仁沢湧水を無料で汲むことができ、カフェ・レストラン「The Baton SHIOYA」も併設。

こちらにも伺いたかったのですが、残念ながらちょうど休業だったので、次回こそは。

東荒川ダム展望台

こちらが駐車場に隣接している、東荒川ダム展望台からの眺め。

4月中ばということもあり、奥の山々が緑がマダラ模様でしたが、開放的で深い青色の水面が美しい。

東荒川ダム 栃木県

木々が青々としてくる5月以降は、水面と奥の景色が調和して、一層綺麗な景色が見られそうな印象です。

東荒川ダム 塩谷町

左手にあるのが東荒川ダム管理所で、中心にある水門から水が流されます。

この水がさくら市氏家・喜連川、烏山市と流れていき、最終的には那珂川と合流します。

 

また展望台の後ろ、駐車場側にはベンチ。

東荒川ダム ベンチ

案内看板

東荒川ダム展望台の柵の上には、こちらの案内看板が設置されていました。

看板の内容を要約すると、東荒川ダムは洪水調整、流水の正常な機能維持、上水道用水、特定かんがい用水、発電といったように、幅広い役割を担っているとのこと。

東荒川ダム 栃木県

また東荒川ダムの高さは70m、長さは276m、堤体積(ダム本体の体積)は210,000㎥。

堤体積はイメージが難しいですが、なんと25mプールが25,400杯分だそう。

とてつもない水量を貯水できることがわかります。

 

こうしたダムの役割や規模を知ると、日常生活に欠かせない施設だということがわかります。

普通に生活しているとなかなか触れられない、貴重な情報を知れる有意義な施設でした。

最後にフィルムカメラで撮影した、東荒川ダムの様子を一枚。

東荒川ダム フィルムカメラ

東荒川ダムの基本情報

住所

アクセス

駐車場

電話番号

営業時間

定休日

参考価格

決済方法

Webサイト

SNS

周辺マップ

Author info
著者情報
Share article
記事をシェアする
Facebook
LinkedIn
X(Twitter)
Pinterest
Threads
Email