ホーム 記事 烏山駅(那須烏山市)
Article

烏山駅(那須烏山市)

烏山駅 那須烏山市
もくじ

烏山駅は1923年に開業、2023年に創業100周年を迎えたJR烏山線の終着駅で、

日本初の蓄電池駆動電車「ACCUM(アキュム)」の充電スポットにもなっています。

 

烏山駅の発車予告メロディは、2022年から「山あげ祭」のお囃子が使われていて、

烏山駅周辺をはじめ那須烏山市を活気付けています。

JR烏山駅

また山あげ祭は、450年以上前から那須烏山市に伝わるお祭りで、「烏山の山あげ行事」として、

国指定重要無形民俗文化財にも指定されている行事です。

 

煌びやかな野外歌舞伎舞踊が魅力で、舞台背景として使われる山は「はりか山」と呼ばれ、

烏山市の特産品「烏山和紙」を用いて作られています。

烏山駅の鮮やかな屋根は、この山あげ祭をイメージして作られているそう。

駐車場・駐輪場

烏山駅の駐車場・駐輪場はどちらも無料で利用できるので、那須烏山市を散策する際にありがたいですね。

駐車場は、駅の南南西側に約50台分の駐車スペースがあります。

烏山駅 烏山駅前駐車場

駐輪場は駅の北側にあり、烏山駅前交番と烏山駅前公衆トイレの間を抜けた左側に180台ほど停められます。

烏山駅 烏山駅駐輪場へ

EV-E301系 ACCUM(アキュム)

EV-E301系、通称ACCUM(アキュム)は、JR烏山線・JR宇都宮線を走り、運転開始から10年を迎えました。

烏山駅 EV-E301系 アキュム

烏山駅から宝積寺駅までは、蓄電池の電力を使い走行し、

宝積寺駅から宇都宮駅までは、パンタグラフ(電車の屋根にある集電装置)を上昇させ架線からの電力を使い走行します。

 

この通り烏山駅では、ACCUMがパンタグラフを使わずに走行しているのがわかります。

烏山駅 EV-E301系 ACCUM

また烏山駅には、アキュムの充電設備があるので、停車時にパンタグラフを上昇させて16分程で急速充電をします。

ACCUMが充電されている様子を見るために、烏山駅には鉄道ファンが集まるそうです。

周辺施設

烏山駅周辺には、山あげ祭の歴史が学べる「山あげ会館」や、

烏山和紙で作った小物や照明、和紙を販売する「烏山和紙会館」があります。

烏山駅周辺 看板

他にも那須烏山市の名物「カレーコロッケ」を頂ける「石原食肉店」や洞窟酒蔵として有名な「島崎酒造」の販売店など、

徒歩圏内にも烏山の魅力を味わえる観光・グルメスポットがあります。

こちらの「東力士」の看板は「島崎酒造」が提供する代表的なお酒です。

烏山駅周辺

駅前には烏山駅周辺をはじめ、那須烏山市の案内板が設置されていました。

烏山駅 那須烏山市案内マップ

烏山駅を訪れる際には、案内板もチェックしてみると、新たな発見があると思います!

以上、烏山駅のご紹介でした。

烏山駅の基本情報

住所

駐車場

周辺マップ

Author info
著者情報
Share article
記事をシェアする
Facebook
LinkedIn
X(Twitter)
Pinterest
Threads
Email