ホーム 記事 日下田藍染工房(益子町)
Article

日下田藍染工房(益子町)

日下田藍染工房 甕場
もくじ

日下田藍染工房の概要

益子町城内坂にある「日下田藍染工房(ひげたあいぞめこうぼう)」は、

現在も伝統的な製法で藍染めをしている工房です。

 

その歴史的価値を評価され「日下田藍染工房」として日本遺産に認定されています。

工房は、無料で見学することができます。

日下田藍染工房 日本遺産

また「日下田邸」として栃木県の指定文化財にも指定されている歴史ある施設です。

日下田藍染工房 看板

益子町というと益子焼きが有名ですが、ぜひこちらにも足を運んでみて下さい。

日下田藍染工房の場所

益子町を散策するのにおすすめの「城内坂通り」には、益子焼の販売店やカフェが立ち並びます。

その城内坂通りの最西端にあるのが日下田藍染工房です。

日下田藍染工房 入り口

日下田邸

お庭も趣ある佇まいでした。

益子 日下田藍染工房 庭

茅葺き屋根の上部「棟」部分に瓦が使われている屋根は、珍しい形式だそう。

益子町 日下田藍染工房 茅葺き屋根

茅葺き屋根は、2020年に葺き替え工事が行われています。

日下田藍染工房 茅葺き屋根

藍染め甕場

日下田藍染工房に入ってまず目に飛び込んでくるのが72個の甕(かめ)

益子 日下田藍染工房 工房

甕は200年以上も壊れることなく使われているそう。

日下田藍染工房 藍染め甕場

江戸時代にきたみたい。

日下田藍染工房 歴史ある工房

貴重な空間ですね。

日下田藍染工房 館内

日下田藍染工房の藍染め

藍染の染料となるのがこちらの蒅(すくも)。

蒅

藍の葉を乾燥・発酵させて作るそうです。

日下田藍染工房 藍の葉

これがあの綺麗な藍色になるなんて!

 

4個で1セットとなる甕の中心には火床があり、

この火床でおが屑を燃やし、染料を完成させます。

甕場

染料を作るには発酵が重要だそうで、約2週間も甕を温め続けるそう。

忍耐力が必要そうな作業ですね。

日下田藍染工房 火床

綿の栽培から糸を紡ぎ、染め、手織りして布に仕上げます。

他にも型染めという技法もおこなっているそう。

日下田藍染工房 糸

これらすべてを工房で行なっていることがすごいですね。

藍染め商品販売所

日下田藍染工房内では、コースターや服など、さまざまな商品が販売されています。

 

手間と時間、職人さんの技術が必要な藍染めですが、コースター1,080円からと、とってもリーズナブル。

※2023/9 時点の値段です。

日下田藍染工房 お土産

プレゼントにも喜ばれそうな素敵な商品が多数ありました。

藍染の服

きれいな藍染めが並ぶ工房は、まるでアートな空間です。

日下田藍染工房 藍染織物

動画で見る日下田藍染工房

工房の雰囲気がもっと伝わればと思い、動画にしてみました。

この日本ならではの美しい伝統工芸を、ぜひご自分の目で確かめてみてください。

日下田藍染工房の基本情報

住所

アクセス

駐車場

電話番号

営業時間

定休日

参考価格

周辺マップ

Author info
著者情報
Share article
記事をシェアする
Facebook
LinkedIn
X(Twitter)
Pinterest
Threads
Email