ホーム 記事 龍馬1865でノンアルキャンプ
Article

龍馬1865でノンアルキャンプ

まさにビールを飲むが如しの「龍馬1865」をキャンプで
もくじ

今回はキャンプブログ!

暑い日のキャンプといえばビール!

寒い時でも構わず飲んでいますが、暑い日のキャンプといえばビールに限る!

でも刃物を使うから酔っ払うと危ないし、車の運転があるしなどなど。

そんな時はノンアル飲料を飲むことになりますが、

どうしてもノンアルのビールは味わいが、もう一声足りない。

日本ビール株式会社の「龍馬1865」

良いノンアルビールはないかと、店頭やネットであれこれ探していると、

日本ビール株式会社さんの「龍馬1865」という評判の良さそうなノンアルビールを発見!

しかも”プリン体ゼロ、添加物ゼロ”!!!!

さらに24本入の1ケースで、2,700円前後なので、一本あたり110くらい!安い!!

ビールは好きだけど、プリン体や添加物は確かに気になるので、これは嬉しい。

早速ネットで購入、すぐさまキャンプへ。

ちなみに商品名の「龍馬1865」は、

日本初の株式会社を作ったと言われる坂本龍馬が、取引先からビールを譲り受け、

初めてビールを飲んだ年が、1865年とされていることが由来のようです。

夏キャンプでうまいビールを飲むために欠かせない火おこし

うまいビールを飲むために欠かせない火おこし

キャンプ場に着いたら、まずビール。という方も多いかもしれませんが、

ここはグッと我慢。

火おこしをして、つまみを作って、それから冷えたビールを飲む。

この我慢した時間がビールを一段と旨くします。

面倒ですが、このビール飲みまでの準備期間が大切。

夏キャンプでうまいビールを飲むために欠かせないつまみ作り

うまいビールを飲むために欠かせないつまみ作り

火おこしが済んだら、早速つまみを焼いていきます。

今回は安売りされていた味付きの豚肉をスキレットで。

キャンプ スキレットで豚肉を焼く

いい感じです。

キャンプでいただくノンアルビール「龍馬1865」

まさにビールを飲むが如しの「龍馬1865」をキャンプで

いざ。参らん。

キャンプで「龍馬1865」。

プシュ!!

と「龍馬1865」が唸りをあげます。

ゴクゴク!! う、うまい!!!

と自分も唸りをあげます。

すっきりとした爽やかな味わいに、ビール特有のほのかな苦味。

ノンアルビールですが、キャッチコピーになっているように

「まさにビールを飲むが如し」です。

「龍馬1865」であれば、車運転がある場合や休肝日などでも、

十分にビール感を楽しむことができます。

日本ビール株式会社の基本情報

住所

電話番号

参考価格

Author info
著者情報
Share article
記事をシェアする
Facebook
LinkedIn
X(Twitter)
Pinterest
Threads
Email