ホーム 記事 日光二荒山神社(日光市)
Article

日光二荒山神社(日光市)

日光二荒山神社
もくじ

栃木県の北西、日光市にある「日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)」は、世界遺産「日光の社寺」の1つに認定されており、「二荒山大神(ふたらやまのおおかみ)」という三神を祀る神社です。

恋愛・お金・子宝・人間関係・仕事関係など、さまざまな良い縁を結ぶのにご利益があると言われています。

以下が、日光二荒山神社の三神です。

  • 父:大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 母:田心姫命(たごりひめのみこと)
  • 子:味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)

 

ちなみにこの三神は、親子なんだそう。

駐車場

日光二荒山神社の駐車場は、神社の南東に「日光二荒山神社 本社駐車場」があります。

また公式Webサイトで、駐車場の空き情報が確認できます。

日光二荒山神社 駐車場の空き情報はこちら

 

料金

車種料金備考
普通車700円一般車両
特殊車1,000円全長5m以上の普通車
または全幅1,85以上の普通車
二輪車300円 

 

利用時間

期日時間
4月1日~10月31日8時00分~17時00分
11月1日~3月31日9時00分~16時00分

良い縁鳥居

駐車場から西に進むと、大きな「良い縁鳥居」が現れます。

鳥居の左側には「良い縁の打出の小槌」、右側には「むすび大国」と、境内に入る前から縁起物がたくさん。

鳥居をくぐり神門へ向かいます。

人のいない早朝に行ってきました。

写真は、2023年12月30日に撮影したものです。

早朝だからか、いつにも増して空気が澄んでいたように感じました。

親子杉と夫婦杉

神門をくぐると、左右に立派な杉がそびえ立ちます。

 

神社の西側には、家庭円満の御神木「親子杉」。

東側には、夫婦円満の御神木「夫婦杉」。

夫婦杉の隣には、ハートに見える珍しい「おみくじ掛け」がありました。

良い縁うさぎ

2種の杉から手水舎を過ぎると、可愛いうさぎが目に入ります。

この良い縁うさぎの先が、拝殿です。

大きなラピスラズリを持った良い縁うさぎ。

昔話「因幡の白うさぎ」のうさぎだそう。

良い縁うさぎの西側からは有料エリアとなり、健康にご利益があるといわれる「日枝神社」をはじめ、「縁結びの笹」や「良い縁の剣」等、縁結びにまつわるスポットが多数あります。

この日は、拝観時間前でしたのでまた今度。

社務所

拝殿の東側には、立派な社務所。

大晦日には、社務所の前でお焚き上げが行われます。

社務所の向かいには、献酒樽がずらり。

益子町にある外池酒造の「燦爛(さくらん)」や、那須烏山市にある島崎酒造の「東力士」等、栃木県内のお酒がたくさんお供えしてありました。

 

さらに東に進みます。

唐銅鳥居

重要文化財に指定されている唐銅鳥居は、重厚感がすごい。

神社の社紋である三つ巴紋(みつともえ)が、飾られています。

麻掛け大国様

触る場所によっていろいろなご利益がある大国様。

私は全身に触れてきました。(欲張りすぎ)

楼門

「日光東照宮」方面へと繋がる楼門。

楼門をくぐり、日光二荒山神社をあとにします。

歩いていると、杉の間から入る朝日がすっごくきれいで神々しい!!!

いつもと違った空気感や景色を味わえて、いい朝活になりました。

朝は苦手ですが、がんばってきてよかったです!

このあとは「日光東照宮」に向かいました。

日光東照宮(日光市)

日光二荒山神社の基本情報

住所

アクセス

駐車場

電話番号

営業時間

定休日

参考価格

決済方法

周辺マップ

Author info
著者情報
Share article
記事をシェアする
Facebook
LinkedIn
X(Twitter)
Pinterest
Threads
Email
もくじ